© 2020 京都のデザイン事務所|CHIBA DESIGN

一生モノのロゴ制作 〜ロゴ制作をデザイン会社に依頼した方がいい理由〜

前回はロゴ制作を依頼するときに、
まずは「ロゴ制作の費用相場について」ということを詳しく解説していきました。

ロゴ制作を依頼するやり方は、
1)クラウドソーシングを利用してロゴ制作を依頼する
2)デザイン会社に依頼する

この2つのやり方でロゴ制作を依頼することができます。

ロゴは企業やイベントなどの「顔」となる一生モノの目印です。

blog_20201229_image_一生モノのロゴ制作_a

企業やイベントの名前を覚えていなくても、ロゴを目にすることで「ああ!この〇〇だ!」と記憶と一致することも多くあります。

そのためロゴは一生モノとして制作するため、デザイン会社に依頼した方がいいでしょう。



なぜクラウドソーシングのロゴ制作をおすすめしないのか

クラウドソーシングなどでは、「〇〇円でロゴを制作します」と、明確に価格を提示している所もありますが、
これは価格勝負で依頼を受けているので、一生モノのロゴを制作するには不安なところがあります。

予算が少なく、急ぎでロゴを制作した場合はクラウドソーシングが非常に便利ですが、
「しっくりこない」「イメージと違う」といったことが起こる可能性が高いのでおすすめしません。

またクラウドソーシングは、利用するサイトによって以下のようなデメリットがあります。
●ビデオ通話での会議ができない
●メールなどでこまめに連絡が取れない
●直接会って相談できない


そのため「どのようなロゴを制作したいのか」について、
聞き取りが不完全なままロゴ制作を依頼してしまうことが多く起こります。

blog_20201229_image_一生モノのロゴ制作_b
ロゴ制作をするならデザイン会社をおすすめする理由

クラウドソーシングサイトは、利用規約で外部との連絡を禁止していることが多いですが、
デザイン会社に直接ロゴ制作を依頼することで、聞き取りをしっかりと行うことができます。

会社やイベントの管理事務所がある土地のデザイン事務所にロゴ制作を依頼すれば、
直接会って密な相談を複数回重ねて、納得できる理想のロゴを制作することも可能です。

デザイン会社に在籍するデザイナーは、「会社」に所属できる、
あるいは会社を立ち上げられるくらいの実力を持ったデザイナーばかり。


そのため、しっかりと聞き取りを行い、
豊富な経験とスキルで一生モノのロゴを制作することができます。

次回は、「デザイン会社にロゴ制作を依頼する時のコツと注意点」をご紹介します。