© 2020 京都のデザイン事務所|CHIBA DESIGN

デザイナーへの頼み方 〜プロにデザインを依頼するときに注意すること〜
前回は「デザイナーにデザインを依頼するときの流れ」について解説させていただきましたが、
デザインを依頼するときには注意点があります。

blog_20201202_image_デザイナーへの頼み方_a
●デザインを依頼する前に必要な情報をまとめておく
●デザインの指示を出さない

先に結論を言うと、この2点は全てのデザイナーに依頼する時に注意すべきことです。

今回は、デザインをデザイナーに依頼する時に注意することを解説していきます。



デザイナーに依頼する前に必要な情報をまとめておく

スムーズに予算内でデザインを制作するためには、
あなたがどのようなデザインを希望しているのか情報をまとめておく必要があります。

必要な情報をデザイナーに依頼する時点である程度まとまっていた方が、
修正回数を少なくすることができるだけでなく、追加料金の加算を防ぐことができるからです。

デザイナーによって「ヒアリングシート」を用意している場合がありますが、
そうでない場合はメールや問い合わせフォームに必要な情報を記載して依頼するようにしましょう。

 
 
デザインの指示を出さない

理想のデザインは、あなたがまとめた情報とデザイナーによるプロの技術によって制作することができます。

理想のデザインを制作するためには、
「この部分の色はこの色で」「この字は太字で」「写真はこのサイズで」など、デザインに関わる指示を出さないことが重要です。

これは、あなたの希望をもとにデザイナーがデザインをする際に制約を設けてしまうことになるからです。

デザインを依頼する際は、「賑やかなデザイン」「明るい色」など、機能面で希望を伝えるようにしましょう。

blog_20201202_image_デザイナーへの頼み方_b
デザインをプロのデザイナーに依頼する際は、
●デザインのイメージなど情報をまとめておく
●デザインに直接関わる指示を出さず、機能面で希望を伝える

この2点に注意して、プロのデザイナーに依頼する必要があります。

プロのデザイナーは、あなたの希望を親身になって聞いてくれます。

予算やデザインのイメージなど必要な情報と、
情報に相違がなくなるように綿密な打ち合わせを行うことで、
希望通りのデザインを制作することができます。

デザイン会社「チバデザイン」でも、
会社などのロゴや名刺、チラシ、フライヤー、会社案内などのデザインを承っております。

「なかなかいいデザインが制作できない」という方は、お気軽にご相談ください。