一生モノのロゴ制作(3)

一生モノのロゴ制作 〜デザイン会社にロゴ制作を依頼するときのコツと注意点〜

前回はロゴ制作を依頼するときに、
まずは「ロゴ制作をデザイン会社に依頼した方がいい理由」ということを詳しく解説していきました。

デザイン会社にロゴ制作を依頼する時は、
ただ「ロゴ制作をお願いしたい」と伝えるだけでは理想のロゴを制作することができません。

blog_20201230_image_一生モノのロゴ制作_a

①ロゴを制作する会社やイベントなどのターゲット層やコンセプトを決める
②制作するロゴのコンセプトを決める
③制作するロゴの色やフォントを決める

この3つが、理想のロゴを制作するためのコツとなります。

この3点を先にデザイン会社に伝えてロゴ制作を依頼することで、
一生モノのロゴをスムーズに依頼することができます。

しかしロゴ制作では、気をつけるべき注意点が3つあります。

ここからは、ロゴ制作をデザイン会社に依頼するときの注意点について解説していきます。


①様々なシーンで利用されることを意識する

ロゴ制作を依頼する時の注意点は、ロゴのイメージだけが一人歩きしないようにすることです。

制作を依頼したロゴは、企業やイベントなどの「顔」として、
様々なシーンで多くの人が目にします。

自分が知らないメディアなどで取り上げられ、ロゴが使用されることもあるでしょう。

まさしく「シンボル」となるロゴが、
あらゆるシーン・媒体で使用されることを想定してロゴ制作を依頼することが大切です。

例えば、カラーの状態のロゴだけをイメージするのではなく、
モノクロ印刷しても変わらないロゴイメージを保てるデザインであること。

サイズを拡大・縮小してもロゴがちゃんと認識できるようなデザインのロゴであることなど。

会社やイベントなどのイメージを背負い、
様々なシーンや媒体で利用されることを想定して依頼するロゴのイメージを膨らませてみましょう。
②流行にとらわれないデザインをイメージする

まさしく一生モノとなるロゴは、ロゴを制作してから10年・20年と長く使用します。

時代に合わせてロゴをリニューアルする企業などもありますが、
新しいロゴイメージを多くの人に認めてもらうことはとても大変なことです。

blog_20201230_image_一生モノのロゴ制作_b

③著作権や商標権に注意する

様々なシーンでロゴが使用されることや、時代に左右されないロゴをイメージできたら、
最後にイメージしたロゴが既存のロゴに似ていないか注意します。

著作権は、ロゴの他にイラストやモチーフ・文章や音楽などの著作物を制作した人が持つ権利のこと。

商標権は、登録した商標(ロゴなどのトレードマークとなるもの)を、
日本国内で独占的に使用することができる権利のこと。

この2つの権利は、既存のロゴなどにすでに存在している権利などで、
権利を侵害しないオリジナルのロゴを考える必要があります。

ロゴ制作は【チバデザイン】にお任せください

ロゴ制作の費用相場は、日本グラフィックデザイナー協会の「制作料金概念規定」によって、
作業量(a作業とb作業)、付加価値料、支出経費、質的指数、量的指数の5つの要素で費用を算出します。

そのため、ロゴデザインの費用はデザイナーと依頼者で相談して決めることになります。

ロゴ制作はクラウドソーシングサイトの他に、デザイン会社に直接依頼することができます。

クラウドソーシングサイトは明確に金額を提示されている場合がほとんどですが、
希望するロゴイメージの聞き取りが不十分なままロゴを制作することになってしまうことが多いのでおすすめしません。

ロゴ制作は豊富な経験とスキルを持ち、
しっかりと聞き取りをしてくれるデザイン会社に依頼するようにすれば、
一生モノのロゴを作ることができます。
チバデザインは、京都でロゴ制作などデザインの制作を行うデザイン会社です。

優秀な社外ブレーンと連携することにより、
デザイン案件の内容によって発生する依頼の手間がなくなり、
制作以外の無駄な労力を軽減し、ほとんどのデザイン案件を一本化することができます。

さらに、デザイン案件の窓口を一本化することで、
意思疎通の問題や伝達ミス、時間のロスなど様々なトラブルを最小化することもできます。

この記事を読んでくれた方は、
ロゴだけではなくデザインの重要性を少しでも感じていただけたかと思います。
世の中に絶対に必要なデザインでお困りの方は、些細なことでも結構ですので、
ぜひチバデザインまでお気軽にご相談くださいませ。

物にこだわりを持ち、それを身につけている自分に自信を持つ。

RELATION

LIST

TOP